事故をしたらそこで終わり?事故車でもお金になる事故車買取体験談

事故をしたらそこで終わり?事故車でもお金になる事故車買取体験談

事故車買取お得な例

 

先日、新車で購入してから初めての車検を終えたばかりの自家用車で事故をしました。
幸いにも単独事故で物損だったために、相手もおらず、けが人も出ず、僕の愛車だけが犠牲になっただけで済みました。

 

友人の勤める自動車販売店で購入していたため、事故車両の引き上げから、保険会社とのやりとりまで、友人が親身になって対応してくれ、すべてがスムーズに進みました。
ただ、購入して3年経過しており、仕事でも使用していたため、走行距離は年式に対してかなり多め。
オートローンでの購入でしたので残債もわずかながらにまだある状態。エアバックも破損してしまい、修理見積も相当な金額でしたが、全損金額までは届かず、このひどい状態の車を修理して乗り続けるのか、廃車にして残債を埋めてまた車を購入するのか、選択を迫られていました。

 

特に当時の彼女と結婚を控えていたのもあって貯金から残債を埋めて新車を購入するという行動に踏み切ることも出来ずに悩んでいました。
そんな時に、友人の勧めで友人の会社と取引のある事故車の買取専門業者に査定を依頼することに。
正直、車の破損状態もひどいし、査定してもらったところで「廃車ですね」と言われることが想像できました。
上記した通り、僕の車は走行距離もとても多く、ローンもまだあり、仕事で使用することも考えて買ったので大して高級車でもなく、いわゆる一般大衆車。
ボディカラーも洗車が手間にならないのと、僕の好みでブラウンなんていう好き嫌いのはっきりわかれてしまうような色目でした。
普通に事故してない状態で買取に出しても良い金額が期待できるような車ではありません。唯一、車検を受けたばかりであるということがセールスポイントなくらいでした。

 

僕は仕事の都合上、査定には立ち会うことができず、入庫している自動車屋さんにお任せしました。
万一立ち会うことができても、何の役にも立たなかったでしょうが…

 

翌日、査定をしてくれた業者から電話にて買取金額の返答がありました。
その金額は「廃車、廃車」と思っていた僕には驚くような金額でした。
なぜ、事故車にそんな金額がつくのかと聞いたところ、僕の乗っていた車は海外への輸出対象車だということ、排気量も輸出対象の1500tであること、海外ではブラウンなどの色味の車がなぜか人気があるということ、さらには、エアバックが破損していても、足回りまでは破損しておらず、エンジンもかかるため、一応走行が可能であること。
ゆっくりでも走行ができれば、輸出対象だということ。
また、新車から3年たった車は、特に輸出関税が安くなるため、一番買い手が多いということ。
覚えている限りでは、こんなような説明を受けました。
聞いていても、素人の僕には目からウロコなことばかりでしたが、とにかくマイナスではなくプラスな話であることは理解できました。

 

最終的に、修理ではなく、事故車を買い取ってもらったお金で残債も埋めることができ、次の車も購入することができました。
世の中には、まだまだ僕の知らない世界があるものですね。
最近では、ディーラーさんでも事故車に下取りの値段をつけてくれるところも多いようです。
事故をしないに越したことはないですが、万が一事故をしてしまったときには、すぐに諦めず専門業者さんに依頼するのも一つの手かもしれません。
これを読んでくださった皆さんが快適なカーライフを送ることができるように願っています!

 

事故車の一括査定はコチラ

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

事故車買取体験談
事故車買取の体験談!経験してわかった事故車買取専門店の強み!事故車買取一括査定カービューでは事故車でも一括査定を通して高額買取につなげることができます。
事故車買取体験談、萩原さん
事故車買取体験談!事故車を売る際に苦労した萩原さんのケース
事故車査定、査定額がまさかの価格に…
仕事中に起きた事故の後、事故車を売却…査定価格が驚きの金額に…事故車の査定は適切な方法ですることがベストです!当サイトでは事故車の一括査定をオススメしています!