インプレッサ(GC8,GDB,GRB)事故車買取 | 高値で処分して貰う方法!

インプレッサ(GC8,GDB,GRB)事故車買取 | 高値で処分して貰う方法!

 

 

>>カーネクストで事故車をお試し査定してみる【無料】

 

 

事故車を買取して貰う時に高価買取して貰う方法


事故車を高く買取してもらうには、複数の買取店に査定してもらい買取価格を競争させることが大切です!


まず、カーネクスト、カービュー事故車買取に査定を依頼しましょう。


出張査定や車の引き揚げ、キャンセル料ともに完全に無料ですので、事故車買取業者をうまく利用して一番高い買取価格で買取して貰いましょう。

 

事故車,査定,買取,処分

カーネクストの特徴

カーネクストで買取された事故車や廃車は海外へ輸出されます。海外で人気のある車種は高額買取に繋がります。また、国内で部品単位で需要がある車種は高く売れます。24時間365日対応の安心のスムーズさ。顧客満足度95%の安心対応がウリです。

価格 事故車、廃車、冠水車の専門業者なので高額買取が見込める
評価 評価5
備考 当サイトお申込み件数No.1! 

無料査定 キャンセル料無料

事故車,査定,買取,処分

カービュー事故車買取で一括査定の特徴

カービュー事故車買取は、完全無料の事故車買取の一括査定サービスです。安心の390万人の利用実績アリ!事故車を15社の中から最大8社に査定依頼をすることができます。あなたの事故車が簡単に一番高く売れます。

価格 複数社に査定価格を競争させるので高い
評価 評価4
備考 当サイト申込み件数No.2 カーネクストと同時申し込みが多いです。

ハイシャル

ハイシャルの特徴

ハイシャルは事故車買取に対応した買取店です。事故車のパーツを分解して隅々まで売却しますので、他社で査定金額がつかなかった場合でも0円以上買取保証を行っています。

価格 他では買取価格がつかなかったものでも高価買取
評価 評価4
備考 当サイトお申込み件数No.3
>>カーネクストで事故車をお試し査定してみる【無料】

 

 

インプレッサ(GC8,GDB,GRB)は中古相場も高く、海外需要も高いので事故車でも高く売れます。

 

スバル インプレッサはWRC最速とも言われた名車

 

1992年にインプレッサが発売されましたが、インプレッサは基本的にレガシィの姉妹車的位置づけで登場しました。

 

実際は姉妹車ではないがレガシィよりもコンパクトであり実際にレガシィに代わってラリー選手権へ参戦したのはインプレッサでです。

 

基本ベ5ナンバーから3ナンバー規格へ変更になりました。

 

2代目インプレッサは一般ユーザーだけに限らず日本国内の警察車両(特に高速機動隊)にも採用された他、海外の警察でも採用されるほどでありました。

 

インプレッサは2007年にフルモデルチェンジが行われ、大きなヘッドライトとグリルは特徴の迫力あるフロントマスクとなりました。

 

3代目の最大の特徴はアメリカの安全性テストで衝突安全テストにて最高評価を獲得し、国内でも安全性能が最も高い車と評価されグランプリに選ばれたことです。

 

インプレッサの2011年のフルモデルチェンジで4代目が登場しましたが、今までは走りに特化した感じだったがこの4代目は外観もスタイリッシュとなり内装も落ち着いた雰囲気で高級感があるものに仕上がってます。

 

スバルのエンジンは水平対向なので燃費が悪いイメージがどうしてもあったのですが、インプレッサの4代目に搭載されたBOXERエンジン・FB20型はそれまでに比べ燃費が27%も向上、しかも弱点であった低中速の加速性能も改善され少しアクセルを踏むだけで気持ちよく吹き上がるレスポンスの良さとなっています。

 

インプレッサはWRXで培われたスポーツ性能を現在まで受け継ぎ、それだけではなく安全性、環境対策すべてを持ち合わせたこれからも注目すべき車ですね。

 

インプレッサGRB型はインプレッサの中でも人気車種、事故車でも高価買取が望めます

 

事故車,処分,買取

http://11463.blog103.fc2.com/blog-category-60.html

 

多くのスポーツカーは正面の形は格好いいものが多いですが、後ろに満足のいく形をした車が少ないのが悩みでしたが、私が選んだ型のものは前から見ても、後ろから見ても満足のいくものだったのでこれにすることにしました。

 

走ってみると、最高出力が308馬力だけあって、加速の仕方がほかの一般的なスポーツカーよりも1段上をいっています。

 

あっという間に40キロ60キロと上がっていくので、スピードの出すぎに注意することと、あまりアクセルを踏まなくても進むので、長時間の運転も疲れません。

 

スバル車はコーナリングの安定性が他の国産メーカーの車よりも上をいく技術なので、コーナーにおいて、オーバーステアがあまりかからず、滑らかに曲がることができ、運転しやすいです。雪道での走行も安定していて、とても走りやすいです。

 

インプレッサの燃費はリッター10キロより少し切る程度です。

 

一般的なスポーツカーよりはいい燃費ですね。

 

インプレッサの使用燃料はハイオクなのでガソリン代はやはりかかってしましますが、全体的には維持しやすくて走りやすい素晴らしい車だと思います。

 

インプレッサWRXスポーツワゴンも中古車相場は高い傾向が続いています。

 

事故車,処分,買取

 

かつてWRC(世界ラリー選手権)を席巻したスバルインプレッサWRXですが、当時この車の速さに憧れ、私はインプレッサスポーツワゴンWRX(06年式、MTモード付AT)に乗っています。

 

本当はインプレッサセダンのWRXといった走り優先のグレードを購入したかったのですが、大荷物を運ぶ機会が多いことと他の家族がAT限定という家庭の事情のため、ワゴンのATに落ち着きました。

 

しかし今ではこの選択に満足しています。

 

というのも、インプレッサはワゴンとは言いながらも、250馬力の最高出力と最大トルク35kgというハイスペックを誇り、ハイパワー車としての性能を十分に体感できるし、セダン以上の荷室容量で大荷物も楽々積める実用性に予想以上に納得してしまったからです。

 

燃費の良さばかりが声高に叫ばれる時代ですが、やはり豪快な加速やカーブでの吸い付くような安定性を体験すると、車の王道はここにあるのだと思ってしまいます。

 

WRXシリーズ全般にも言えることですが、この車の魅力は、インプレッサは水対向エンジンとターボの組み合わせにより、比較的小排気量であっても大排気量車に負けない位のエンジンパワーが出ること、四輪駆動による走行安定性、そしてしっかりした足回りによるハンドリングの確かさの3点にあると思います。

 

まずインプレッサのエンジンパワーですが、250馬力/35kgという高出力エンジンは、早い速度を出すというよりは、変幻自在の加減速を可能にするという点で非常に重宝します。

 

インプレッサは例えば高速での追い越し車線への車線変更などでは、アクセルを少し踏むとすぐに速度も上がるので、非常に快適な車線変更を実現してくれますし、そうした意味で非常に安全です。

 

何よりも強烈なのはアクセルを踏んだときの強烈な加速感です。

 

2500回転くらいからターボが効き始め、水対向エンジンの独特のサウンドと共に、まさにジェット機が離陸するときのような加速Gを体感できます。

 

馬力は麻薬と言いますが、これを一度体験してしまうと、本当にやみつきになってしまいます。

 

ハンドリングについてですが、スポーツモデルだけあってインプレッサの足は確かに硬いです。

 

しかしその分だけ、曲がりくねった道を走っていても、車は安定してカーブを走り抜けていきますし、高い直進安定性も実現しています。

 

このおかげでインプレッサのハンドルを切ることが楽しいですし、ワインディングなどの曲がりくねった道を走るのが楽しいです。

 

当然と言えば当然なのですが、インプレッサは家族には不評です。他のファミリーカーと比べればインプレッサは乗り心地が硬くなるのはしょうがないです。そういう意味でドライバーだけが楽しい車なのかもしれませんが、気にしないようにしています。

 

インプレッサは燃費が悪かったり、塗装が弱かったりと色々面倒な点はこの車にはあります。でもこの車に乗っている時間は何ものにも代え難い楽しい時間と充実感を提供してくれます。

 

そのことを考えるとガソリンやメンテナンスにかかるお金は気にならないですし、実際他の車と比べて年3回のオイル交換が余分にかかる程度で、そんなにお金がかかるものでもないと思います。

 

インプレッサが現在ちょうど10万キロにさしかかりそうなところですが、まだまだ衰え知らずです。今後もずっと乗り続けていきたいと考えています。

 

大胆なイメージ変更がアダになったインプレッサ前期型

 

ラリーでの大活躍にて非常に人気のあったGCインプレッサですが、大胆にもフルモデルチェンジでは丸型ヘッドライトを採用しました。

 

「丸目」と呼ばれるインプレッサの前期型は、一部のコアなファンには人気のあった顔ですが、一般の方には大変不人気なデザインでした。

 

インプレッサのエンジンはEJ20と先代と形式は変わらないですが、出力はターボモデルのNBで250馬力と、先代の非STIモデルの280馬力から出力はダウンしていますが吸気側に可変バルブタイミングを採用し、2200回転で最大トルクの80%を発生。

 

扱いやすさを重視しました。ボディは1.5Lセダンやワゴンの5ナンバーサイズに対し、フェンダーを張り出させ3ナンバーになりました。

 

これはインプレッサWRX STIモデルが17インチとワイドタイヤに対応させるためのもの。

 

インプレッサのボディも安全基準と高剛性化の為に補強が加えられましたが、車両重量の増加によりアンダー傾向が強くなったのはSTIもNBも同じで、先代よりもパフォーマンスが低下したのも不人気の原因といえます。

 

その結果、インプレッサの丸目モデルはたった2年で消滅しました。

 

もはやフルモデルチェンジ!?インプレッサのフロントデザインが大幅変更

 

2年でテコ入れされたインプレッサは、中期型では外装が大幅改良されました。

 

俗に「涙目」といわれる、バンパーに食い込んだ涙ぼくろのようなヘッドライトを持つ中期型は、STIを中心に中味も大きく変更しました。素のWRXはというと、タービンの小型化によるドライバビリティ向上や、先代STIで採用されていた住友製4potキャリパーの採用により戦闘力もアップ。

 

インプレッサの大型ウィングに黄色の六連星ステッカーが貼られWRCマシンをイメージしたWRリミテッドという特別仕様車も用意され、こちらも人気に一役買いました。

 

また、STIでは等長エキゾーストマニホールドが採用されたことで、特徴的な低音のボクサーサウンドが消滅しましたが、こちらのWRXでは健在。迫力のあるボクサーサウンドを好むファンはあえてこちらを選んだ程でした。

 

また変わっちゃったの!?またまたインプレッサが賛否両論のフロントマスクに

 

人気を取り戻したかのように見えたインプレッサでしたが、エクステリアがまたまた大幅に改良されました。飛行機をイメージした「スプレッドウイングズグリル」という特徴的なグリルに鋭いヘッドライトを採用。

 

「鷹目」と呼ばれるインプレッサ後期型は、ドライブトレーンに関しては大きな変更はありませんが、空気抵抗低減によるパフォーマンス向上が図られましたが、とにかくクセの強いグリル形状は議論を生みました。

 

インプレッサは豊富なモデルラインナップで選ぶのが悩みどころ

 

インプレッサといえばSTIが注目されがちですが、WRXでも十分なパフォーマンスを持ち合わせています。

 

インプレッサのEJ20エンジンはショートストローク故に低速トルクは細いですが、古典的なパンチの効いたターボ特性が刺激的です。

 

5速MTは先代GC型より採用されているものですが、STIで使われている6速MTよりも大幅に軽量な上に、GC初期型で「ガラスのミッション」と揶揄されるほどの耐久性も改良により、ノーマルでは全く問題ないレベルまで上げられています。

 

事故車を買取して貰う時に高価買取して貰う方法


事故車を高く買取してもらうには、複数の買取店に査定してもらい買取価格を競争させることが大切です!


まず、カーネクスト、カービュー事故車買取に査定を依頼しましょう。


出張査定や車の引き揚げ、キャンセル料ともに完全に無料ですので、事故車買取業者をうまく利用して一番高い買取価格で買取して貰いましょう。

 

事故車,査定,買取,処分

カーネクストの特徴

カーネクストで買取された事故車や廃車は海外へ輸出されます。海外で人気のある車種は高額買取に繋がります。また、国内で部品単位で需要がある車種は高く売れます。24時間365日対応の安心のスムーズさ。顧客満足度95%の安心対応がウリです。

価格 事故車、廃車、冠水車の専門業者なので高額買取が見込める
評価 評価5
備考 当サイトお申込み件数No.1! 

無料査定 キャンセル料無料

事故車,査定,買取,処分

カービュー事故車買取で一括査定の特徴

カービュー事故車買取は、完全無料の事故車買取の一括査定サービスです。安心の390万人の利用実績アリ!事故車を15社の中から最大8社に査定依頼をすることができます。あなたの事故車が簡単に一番高く売れます。

価格 複数社に査定価格を競争させるので高い
評価 評価4
備考 当サイト申込み件数No.2 カーネクストと同時申し込みが多いです。

ハイシャル

ハイシャルの特徴

ハイシャルは事故車買取に対応した買取店です。事故車のパーツを分解して隅々まで売却しますので、他社で査定金額がつかなかった場合でも0円以上買取保証を行っています。

価格 他では買取価格がつかなかったものでも高価買取
評価 評価4
備考 当サイトお申込み件数No.3
>>カーネクストで事故車をお試し査定してみる【無料】