冠水車・水没車は買取してもらえる?|損しないお得な処分方法をご紹介!

冠水車・水没車は買取してもらえる?|損しないお得な処分方法をご紹介!

バイク,買取,売却,売る

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

冠水車(水没車)はお金にならない?安心してください!専門の買取業者なら高額で売却できる可能性があります

 

このページは車が水に浸かってしまいお困りのあなたのためのページです。

 

  • 車が水没してしまって全く動かない、中古車買取店やディーラーでは買取金額がつかなかった方
  • 車が水没してしまったけど、車両保険に入っていなかった方
  • 水没した際に車両保険には入っていたけど、満足いく金額が提示されなかった方
  • 冠水車(水没車)をそのまま乗り続けて調子が悪くなったり、悪臭が消えない方

 

このようなお悩みをお持ちの方のためのページです。
(※今すぐ当サイトおすすめの買取業者ベスト3を見てみる!)

 

冠水車買取

冠水車買取

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

事故車,査定,買取,処分

冠水車ならカーネクストの特徴

カーネクストで買取された冠水車は海外へ輸出されます。海外で人気のある車種は高額買取に繋がります。24時間365日対応の安心のスムーズさ。顧客満足度95%の安心対応がウリです。

価格 事故車、廃車、冠水車の専門業者なので高額買取が見込める
評価 評価5
備考 当サイトお申込み件数No.1! 

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

台風やゲリラ豪雨で車が水没してしまった…冠水車(水没車)の処理の仕方3パターン+廃車

 

車が水に浸かってしまってどうすればいいかわからない!と思われる方が大半ではないかと思います。

 

  • そのまま乗り続けても大丈夫なのか
  • 売ってしまえばいいのか

 

正直わからないですよね?

 

一般的に車が水没してしまった場合は、下記の3つの対処方法があります。

  • 自分でキレイに掃除して乗る
  • 次の車を購入し水没した車は下取りに出す
  • 水没した車を買取してもらう

 

そこでまずそえぞれのメリット・デメリットをまとめておきますね。

 

◯自分でキレイに掃除して乗るメリット・デメリット

  • シートまで水没しているとシートを交換する必要がある
  • 掃除の時間がかかる
  • 突然、電気系統・機械系統のトラブルが起こる可能性があるためオススメできない

 

◯下取りに出すメリット・デメリット

  • 乗り換えの手間が1番少ない
  • 下取りではほとんどお金にならない

 

◯買い取ってもらうメリット・デメリット

  • 冠水車(水没車)の買取に強い専門業者を使えば、結構な額で買い取ってもらえる
  • 乗り換えを検討している場合は、下取りに比べ多少手間がかかる

 

仮に全く動かなくなってしまった場合でも、お金をかけて廃車にするのではなく、冠水車(水没車)として買取してもらうことが可能です!

 

そのため車が水没してしまった場合は、水没の度合いに関わらず冠水車(水没車)として買取してもらうことをおすすめします。

 

専門業者の買取事例を見てみると完全に水没してしまった車でも20万円以上、なかには100万円以上での買取り事例もあります!

 

 

引用

 

また事故車買取のタウ公式サイトには、水害車売却シミュレーターという個人情報の入力なしに概算の査定額を知ることのできるサービスもありますのでこちらも参考にしてくださいね。

 

とはいえ、自分で車をキレイにして乗る場合や下取りに出す場合も詳しく知りたいですよね。

 

そこでこれから先程ご紹介した車が水没した時の3つの対処方法についてより詳しくご紹介していきます。

 

ただその前にどれくらい水に浸かった車を冠水車(水没車)と言うのかをまず確認しておきましょう。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

そもそも冠水車(水没車)ってどれくらい水に浸かった車のこと?

 

冠水車(水没車)とは、車のフロア(床部分)以上が水に浸かってしまった車のことを言います。

 

これだけ聞くと、さほど問題が無いように感じますが、実は売るにしても修理するにしても業者から敬遠されることが多いのが実態です。

 

事実JAAI(一般財団法人 日本自動車査定協会)が定める「中古自動車査定基準及び細則」には、

 

  • 冠水車(フロアまで):減点率30%以内
  • 冠水車(クッション上部まで):減点率40%以内
  • 冠水車(ダッシュパネル上部まで):減点率50%以内

 

とあり、大幅な減点がされてしまいます。

 

この減点率は減額率とは別であくまでも目安になりますが、それでも大幅な査定額減額はまぬがれません。

 

加えて車のフロアだけ水没した場合でも、車の下回りには電気系統の配線が多数あるためフロアマットをキレイにするだけというわけにはいかず、多額の修理費がかかってしまいます。

 

そこで自分でキレイにして乗り潰そうと考える方が多くなると思います。

 

そのためまずは「自分で冠水車(水没車)を掃除して乗り続ける」ことについてご紹介していきますね。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

自分で冠水車(水没車)を掃除して乗り続ける〜掃除のコツをご紹介〜

 

愛車が水没してしまったら、真っ先に頭をよぎるのが「自分で掃除して乗り続けられないのか」ではないでしょうか?

 

そこで自分で愛車を掃除する場合についてご紹介していきますね。

 

実は外装とエンジンルームはお湯をかけてから高圧洗浄機で掃除をすれば泥が良く取れ、キレイにすることが可能です。

 

ただ、高圧洗浄機をお持ちでない方が大半かなと思います。

 

高圧洗浄機を買われる場合は値段が大体1万円前後、高いもので2万円くらいの値段がしてしまいます。

 

その場合はホームセンターで売っている、ブラシとホースで汚れている箇所を一つ一つ洗い流していってください。

 

冠水してしまってから時間がたってしまうと泥の汚れが取れにくくなってしまいます。

 

冠水してから少し時間がたってから掃除される場合は、必ずお湯をかけてから掃除してくださいね。

 

お湯をかけると汚れの取れ方が全く違ってきます。

 

ほかにもカーシャンプーなどを使って洗っても効果は違ってきますね。

 

また、車の中のマットも全部はがして、お湯と洗剤で掃除し臭いと泥を取ってください。

 

お湯をかける→洗剤で掃除をする→天日干しをする→ファブリーズのながれでしっかり泥を落とすと臭い、汚れともにかなり落ちます。

 

ここで忘れないでいただきたいのがファブリーズです。

 

一度汚い水に浸かってしまっている冠水車(水没車)は、微生物や菌などの繁殖で後々臭いがするケースが多いので、必ずファブリーズをしてください。

 

理想は内装を全部はがして総入れ替えするのが一番いいんですが…なかなかそこまで手間はかけられませんよね。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

内装が水を吸っている場合やシートが水に浸かってしまった場合は厄介

 

全部はがしてしまってご自身でお湯→洗剤→ファブリーズで掃除されるのがいいのですが、内装は車の車種によってはご自身ではがせないようなケースが多いです。

 

ご自身で外せないようであれば修理業者にお願いしてしまいましょう。

 

ただこのような冠水車(水没車)の掃除の場合、掃除代金はかなり高額になるケースが多いです。

 

臭いが気になるようでしたら素直に車ごと売却してしまった方がいいですね。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

シートに関してはどれだけ掃除をして、お湯→洗剤→ファブリーズ、の工程をしても臭いはとれません。

 

しかも一回洗ってしまうとなかなか乾かず、正直に言うとオススメはしません。

 

そのためシートが水に浸かってしまった場合は、ヤフオクで中古のシートを落札して付け直すことをオススメします。

 

車種によりますが、布タイプのシートであれば10万円もあればすべてのシートを中古でそろえることも可能です。

 

冠水車(水没車)をそのまま乗り続けるのは、トラブルが起きる可能性が高いからオススメしない

 

いくら愛車をキレイにできたとしても車の設計上、水没までは想定されていません。

 

つまり普通に使っている場合なら起こらないであろうトラブルが起きてしまう可能性があるのです。

 

というのも想定されていない箇所に水が入ったことで内側からサビや腐食が進行してしまいます。

 

そしてある日突然ライトがつかなくなったり、エンジンがかからなくなったりするのです。

 

そのため安全を最優先にするのであれば、愛車が多少なりとも水没してしまった場合はすぐに乗り換えることをオススメします!

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

次の車に乗り換える際に自動車販売店に下取りしてもらう

 

車が水に浸かってしまったということで、次の車に買い替える方が多いと思います。

 

 

中古車で次の車を買うか、新車で次の車を買うかどちらかになりますが、どちらにしても下取りの金額は正直期待できません。

 

冠水車(水没車)は日本国内では専門的な処理が必要になるケースが多く、結局は専門的な処理ができる業者にディーラーや中古車販売店がさらに下取りしてもらう、二重の下取りになってしまっているケースがほとんどなのが現状です。

 

そのため上記のように、次に購入する車の実質の値引きとして下取りを利用する場合はメリット(値引き)が少ないですね。

 

冠水車(水没車)を専門の買取業者で査定してもらう

 

冠水車(水没車)は正直国内ではお金になりにくいですが、海外ではお金になるケースが数多くあります。

 

日本であればお金にならないけど…あの国なら高く売れるのに…

 

といったかゆいところに手が届くような、冠水車(水没車)を世界規模で売却するルートをもっている(冠水車でも高額で買取できる)専門の買取店があります。

 

なぜ事故車、冠水車(水没車)の買取業者をオススメするのか

 

冠水車(水没車)がディーラーなどでの下取りでお金にならないということは書かせていただきました。

 

ということは次の車の購入の際、割引の手段として冠水車(水没車)を引き合いに出すのは適していないということになります。

 

下取りのケース

 

新しい車の購入金額120万円 - 値引き金額10万円 - 冠水車の下取り金額10万円 = 次の車を購入するのに100万円 の支払が必要

 

冠水車(水没車)買取専門店に買取をしてもらったケース

 

新しい車の購入金額120万円 - 値引き金額10万円 - 冠水車の買取金額55万円  =  次の車を購入するのに55万円 の支払が必要

 

このように冠水車(水没車)を高額で買取してもらうということは、次の車の購入資金の実質の割引に当たります。

 

新車や中古車を頑張って値引きしてもらったとしても10万円〜20万円ですよね。

 

このように冠水車(水没車)を高額買取してもらって次の車の購入資金に充てる方がお得になるのです!

 

一方で冠水車(水没車)を一般的な中古車買取店に買取してもらおうとすると…

 

冠水車(水没車)を買取してもらう場合多くの買取業者ではかなり敬遠されます。

 

普通の中古車買取店や、中古車販売店であれば、冠水車(水没車)の買取見積もりをしてもらった場合、数万円の値段がつくか、逆に処分費用を請求されるケースもあります。

 

処分料金を請求されるなんて嫌ですよね…私もかつて事故車を処分料金を払って処分してもらったことがあります…

 

今になって思えばもっと調べておけばお金になった(少なくとも0円で廃車にできた)のに…とかなり後悔しています。

 

なぜ一般的に冠水車(水没車)の売却は値段がつかないのか

 

冠水車(水没車)を一般の状態に戻すには内装・外装・電装系・シートなどをすべて洗浄し、場合によっては、あるいはほとんど部品を取り外してすべて新品や中古部品に交換する必要があります。

 

そうなってくると部品代金より人件費がかさんできてしまうんですね。

 

内装、電装系などは特に修理に時間がかかってしまう部分です。

 

その部分を日本で直そうとすると採算が全く合わなくなってしまいます。

 

しかし、海外であれば人件費が安く逆に内装や電装系の値段の方が高いので、人海戦術で冠水車(水没車)をきれいにするには日本に比べればそこまでお金はかかりません。

 

このような理由から冠水車(水没車)であっても海外へ販売することによって高価買取をすることができるんですね。

 

ロシア、東南アジアなどでは冠水車(水没車)はかなりメジャーで、冠水車(水没車)を直すノウハウもかなり充実しています。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

冠水車(水没車)を日本で再販する、あるいはそのまま乗りつづける場合

 

実は冠水車(水没車)は完全にばらして、ドロを清掃して修理・販売したとしても必ずといっていいほど臭い、サビ、電装系のトラブルが発生してきます。

 

臭いもヘドロが腐ったような臭いがしますし、ボディは内側からサビて、電装系も普通ではありえないところが壊れてくるのです。

 

特に電装系のトラブルが深刻で、急にエンジンがかからなくなったり、走行中にエンジンが止まって再始動できなくなるような例も数多く発生します。

 

具体的には電気系統のカプラー(接続部分)がダメになってしまい、下記のような電装系のトラブルがあとあと頻発してきます。

 

  • ライトがつかない
  • メーターが動かない
  • キーレスが動かない
  • バッテリーが頻繁に上がってしまう
  • コンピューターが壊れる

 

しかもこのトラブル、冠水車(水没車)に至ってはいつ発生するかわかりません。

 

電装関係は急に部品がさびたりすることによって、さっきまでは普通に走っていたのにいきなりエンジンがかからなくなった!
ということもよくあることなのです。

 

このサイトを見られている冠水車(水没車)をお持ちの方がいらっしゃいましたら、私としては冠水車(水没車)をそのまま乗られることはオススメしません。

 

そんな危険な冠水車(水没車)をそのまま乗られるくらいでしたら、専門の買取店や事故車・冠水車の一括査定を利用してすぐにお金に替えることをオススメします。

 

加えて冠水車の一括査定サービスでは、最大15社一括で査定できますので、一番高い金額を提示してくれた買取店に売ってしまうのがいいですね。

 

当サイトでオススメの事故車、冠水車(水没車)の一括査定は簡単に冠水車(水没車)の査定をすることができます。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

当サイトおすすめの冠水車(水没車)買取業者、みんからカービュー事故車・冠水車(水没車)の一括査定の特徴

 

一昔前であれば冠水車(水没車)は全損扱いになり、どこのお店も買い取ってくれず、買取価格もつかないことが普通でした。

 

しかし、分解した部品を再生パーツとして使う、パーツ使用国のグローバル化や、新興国での日本車の高需要もあり、近年では水没車の買取価格が実際に買い取ってもらうとびっくりするような価格が付くようになってきています。ヴェルファイアがいい例ですね。

 

 

引用

 

タイやマレーシアでは冠水車(水没車)を全部バラバラにして乾かして、電装系をすべて変え、キレイにすれば高額で再販できる車種は数多くあります。

 

タイやマレーシアでは人件費が日本に比べてズバ抜けて安いため、単純な作業による車の分解清掃、分解整備は日本に比べて利益率が高いことが冠水車(水没車)の高価買取の要因です。

 

このようなことから、日本では人件費の関係で復活できない冠水車(水没車)も、人件費の安い国では容易に新品同様に戻すことができるようになってきました。

 

つまり再販のグローバル化によって冠水車(水没車)であっても高額買取が可能な時代となったのです!

 

廃車にしたりそのまま乗り続けたりするくらいでしたら一度、冠水車(水没車)の買取専門業者で見積もりを取ることを強くオススメします!

 

当サイトでオススメさせていただいている事故車、冠水車(水没車)一括査定のカービューでは冠水車(水没車)でも高価買取実績があり、買取実績300万件以上です。

 

動かなくなった冠水車(水没車)でもお任せできる買取業者が多数登録されていますので、競合させて高価買取を狙うのも可能ですね。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 

水没してしまった車が車両保険をかけていた場合について

 

冠水車(水没車)が車両保険に入っていた場合

 

※冠水車(水没車)が車両保険に入っていない場合は事故車買取業者に

 

一度見積もりを出されて見ることを強くオススメします。

 

車両保険の出る?出ない?

 

車両保険が出るケース

 

車両保険に入られていた場合は冠水した原因によって保険の出る出ないがあるのをご存知でしょうか?

 

台風や、竜巻、洪水、ゲリラ豪雨、高潮などで車が水没してしまった場合は車両保険に関しては支払いがされるケースがほとんどです。
(保険の条件、約款によりますので念のため保険会社に被害に遭われた際は確認してくださいね。)

 

また、
「台風で看板が飛んできて車がボコボコになった」
「台風による洪水で車が水没してしまった」

 

上記のようなケースも支払い対象になってきます。

 

普通であればこんな状況で車両保険が出るの?と思うようなケースでも車両保険が出るので私自身正直びっくりしました。

 

車両保険が出ないケース

 

車両保険が出ないケースとしてとくに注意しなければならないのが地震による津波で車が水没してしまった場合は車両保険の対象にならない点です。

 

東日本大震災の際に多くの方が犠牲になり、また、多くの車や家屋も流されました。

 

東日本大震災のような地震による津波の場合は、いっさい車両保険では保障されません。

 

この点に注意して車が水没してしまった場合、まずは保険の支払いに該当するのか確認するのがベストですね。

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

車両保険を掛けた車が水没したときに、満足な保険金が支払われなかった場合

 

このケースは車が水につかり、エンジンまで水没してしまって修復不可能!見積もりをとってみたらとてつもなく安い金額を言われてしまった、、、といった場合におこるケースです。

 

この場合車が全損扱いになり設定金額が支払われますが、

 

年式の古い車や、不人気車の場合、満足いく金額がおりることは稀です。

 

例えばトヨタのプログレを例に挙げてみます。

 

冠水車,処分,買取,売却,水没車,浸かった車

 

プログレは新車価格は最高のグレードで454万円する車でした。

 

いわゆる高級車ですね。

 

しかし、プログレは大変な不人気車、かつ年式が古くなってしまい、中古車相場は約35万円ほどです。

 

車両保険の査定額は中古車相場とリンクしていますので、新車時に購入した価格が全額保険金として降りてくるというわけではありません。

 

新車で購入してすぐに水に浸かってしまい、冠水車(水没車)になってしまった…その場合は購入金額に近い450万円程度が車両保険として支払われます。

 

ただ、今プログレが水没してしまったとしても車両保険として支払いできる金額は35万円ほど。

 

購入金額の10分の1ほどになってしまっているのも本当に悲しく、残念ですが、もしこのケースで車両保険を使ってしまった場合、翌年度からの自動車任意保険の等級が上がってしまいます。

 

等級が上がってしまい、翌年からの負担が増えるくらいでしたら冠水車買取専門店で高価買取してもらった方がトータルで見るとコストが安くなるケースもあります。

 

このような場合水没車買取の方が高く買い取ってもらえるのか、車両保険の評価額の方が高いのかを一度、比較することをオススメします。

 

水没車買取の方が値段が高ければそちらで買い取ってもらうのがベストです!

 

また、車両保険の評価額は低い場合は冠水車(水没車)買取にお願いして、保険の等級を上げない方がトータルで見るとお得なケースが多いですよね。

 

もちろん車両保険であまり金額が下りてこない状態でも車両保険を使うともちろん等級が上がりますので、その点も考えた上で選択してくださいね。

 

ちなみに・・・・車両保険を使った場合は翌年から1等級ダウンし、事故あり係数適用期間が1年追加されます。

 

つまり保険金額が高くなってしまうということですね。

 

車両保険をかけられると、車両保険をかけていない場合と比べてただでさえ保険料が高くなるのに・・・

 

やっぱり保険料が上がるのは嫌ですよね。

 

その点も踏まえたうえで冠水車(水没車)の買取と比較してみてください。

 

冠水車(水没車)の買取に関しては当サイトでオススメさせていただいています。カーネクストでの査定がベストです。

 

見積もり料金、引き取り料金無料、かつ事故車、冠水車買取NO.1の実績があります。

 

冠水車(水没車)の買取業者・一括査定サービスおすすめ3選!

 

事故車,査定,買取,処分

カーネクストの特徴

カーネクストで買取された事故車や廃車は海外へ輸出されます。海外で人気のある車種は高額買取に繋がります。また、国内で部品単位で需要がある車種は高く売れます。24時間365日対応の安心のスムーズさ。顧客満足度95%の安心対応がウリです。

価格 事故車、廃車、冠水車の専門業者なので高額買取が見込める
評価 評価5
備考 当サイトお申込み件数No.1! 

無料査定 キャンセル料無料

 

事故車,査定,買取,処分

カービュー事故車買取で一括査定の特徴

カービュー事故車買取は、完全無料の事故車買取の一括査定サービスです。安心の390万人の利用実績アリ!事故車を15社の中から最大8社に査定依頼をすることができます。あなたの事故車が簡単に一番高く売れます。

価格 複数社に査定価格を競争させるので高い
評価 評価4
備考 当サイト申込み件数No.2 カーネクストと同時申し込みが多いです。

 

 

>>【無料】カーネクストで水没車をお試し査定してみる

 

 


冠水車・水没車は買取してもらえる?|損しないお得な処分方法をご紹介!記事一覧