事故車買取、疑問まとめ!

事故をした時の修理時の代車、代車を全然出してくれない際の交渉術

事故をした時に代車ってなかなか出してくれなくないですか?

 

100:0の事故でないと代車はでません!

 

車同士の事故で自分の車の代車を加害者側の
保険会社に要求した場合、このようにいわれることが大半です。

 

交通手段として電車が使いやすい地域ならいいですが、
地方などの方は車がないと生活できませんよね。

 

よくある保険会社の言い方として、お互い様の事故なので代車はでない
100:0でも業務につかっていないのなら代車は出ない。

 

保険会社の主張は100:0のじこでないと代車費用が認められないということです。
これは単に保険会社が賠償金を抑えたいがための話法です。

 

実は事故部門の管理指標に「代車認定率」があるくらいなのです。
腹が立ちますよね。

 

過失に応じたレンタカー代を出してくれとあなたが入っている保険会社に行っても基本はNGです。

 

じゃあどうしたらいいの???

 

実は条件がそろえば代車がでる可能性は高くなります。

 

代車を使う必要性がある

 

代車を実際に使い、その費用が発生している。

 

代替の交通手段がない

 

ただし、
請求できるのは相手方の過失割合相当額だけです。
相手方の過失割合が80%なら、代車費用も80%しか請求できません。
残りの20パーセントが自己負担になります。

 

保険会社のレンタカー会社への支払いが面倒なので、100:0じゃないと代車はみとめられないというのがホンネではないでしょうか
なので、コチラで代車を手配して、一時的にあなたがレンタカー費用を立て替えるのがいい方法かなと思います。

 

そして、その際にも重要なのが代車の必要性を主張することです。
仕事でどうしても必要だとか、交通が不便だとか、早朝や深夜に通勤で使うなどです。

 

もし保険会社がごちゃごちゃ言ってきたら弁護士特約を使うか、

 

100:0でないと代車は出せない根拠を書面で出してください。

自分の過失割合は出しますが、加害者の過失割合はなぜ負担しないといけないのですか?書面で提出してください。

 

このように書面で提出を求めるのが一番いい方法です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加