事故車買取、疑問まとめ!

物損の交通事故、意外と知らないものを壊した時の支払い価格とは…

物損の交通事故、実態はご存知ですか?

 

交通事故を起こすかもしれないと最初から色々と調べる人というのはあまり多くないと思います。
今この記事を読んでいるのもあなたか、身近な人が物損の事故をおこしてしまったのではないでしょうか。

 

対人事故に関しては被害者の方との協議となりますが、
対物事故の場合は事故の種類にもよりますが、対応の方法がありますので、まとめています!

 

物損事故について

 

基本的には任意保険に入っているかと思いますので実際の負担額というのは保険で保障される範囲から飛び出た分となります。
飛び出ることはあまりありませんが、信号機を倒してしまったり、家屋に突っ込んでしまった場合は1000万円以上の賠償が発生する可能性があります。
物損の保証を無制限にされていたらいいんですが、低めのものだと大きい事故を起こしてしまった場合は超えてきてしまします。

 

任意保険に入っていなかったケース

 

保険に未加入の場合にかかる費用についていくつか例をあげます。

 

ガードレールを破壊してしまった場合

 

スピードが落ちずに突っ込んでしまい破損させてしまった場合、
ガードレールの値段事態は、1メートル当たり数千円〜1万円程度となります。
そこに工事費や交通整備の人件費などが含まれて、約5〜20万円程度になります。

 

電信柱を倒してしまった場合

 

電信柱の場合はもう少し高くなり約25〜50万円程度になります。
これは単純に電柱の値段だけではなくて電柱の移動費や送電設備の整備などの費用も含まれています。

 

コンビニに突っ込んでしまった場合

 

まれにテレビでコンビニに突っ込んでしまったニュースをしていますよね。そういった場合の賠償費用ですが
被害の程度にもよりますが高ければ数千万円の負担になります。
店舗の改修費用、商品代、売価補償などが含まれます。

 

こういった事故は任意保険に加入していれば大半は保険が適用されて自身の負担はありません。
任意保険に入っておられない方はこんな金額一生かかってもなかなか払えないかと思います。

 

突っ込んでしまった車の処理に関して

 

ここまではすべて相手に対する補償について触れてきました。
ここからは自身の費用について説明します。

 

車両事故を起こしたということは自分の車両に何かしらの故障、破損が発生していることが大半です。

 

車両保険をかけていた場合は車両保険から修理代金が下りてくるのですが、
実はこれが厄介なんです。
実際に下りてくる金額がその時の車両自体の「時価額が上限」になりますので、実際に修理費用が全額でないケースが多くみられます。

 

たとえば…

 

車の価値が30万円で、修理代が50万円かかるとしても、修理代として請求できるのは30万円が限度となります。
これは30万円あればその車と同価値の車を購入できるだろうというところから設定されているようです。

 

ただ、実際に購入するとなるとどうしても同程度の車を購入するのは難しいです。

 

こうなった時に便利なのが事故車の買取業者です。

 

査定してもらってこのケースで30万以上の値段をつけてもらえたら
そもそも車両保険を使う必要がなくなりますよね?

 

車両保険を使わなければ等級も上がりません。

 

また、25万程度しか買取金額がつかなかった場合でも、
等級が上がった場合の保険料の上昇分を考えるとお得なケースが多いかと思います。

 

事故車の一括査定はコチラ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加